僕の愛用品を紹介~ROLEXの魅力~

愛用品シリーズ

こんにちは。

筋トレ&ファッションブログ運営部の

マー君です。

今日は僕の愛用品を紹介~ROLEXの魅力~というテーマでやっていきたいと思います。

はじめに。

僕は物を買うときに徹底的に調べ上げてから購入するようにしています。

今回からスタートする愛用品の紹介を通して僕が何かを買うときの考え方等参考にしていただけると幸いです。

今回は記念すべき第1回、KING OF 腕時計ROLEXについて僕の熱い思いを記事に乗せて皆様にお届けします。

なぜROLEXを購入したのか

ROLEX!!!

と聞いてどのようなイメージですか?

  • 成金
  • 見栄
  • 自慢等

良いイメージではないと思います。

また、周りでROLEXを自慢している友人がいれば、よりこういったイメージが強くなってしまいますね。

かくいう僕も上記の理由から「ROLEXだけは絶対買わない!」と心に誓っていた時期もありました(笑)

しかし知れば知るほどこのブランドが支持されている理由が分かりどんどん好きになっていきます。

そしてこれらの情報を知っているかはROLEXを語る上でかなり重要です。

それでは次からどんな魅力があるのか徹底解説していきます。

ROLEX三大発明

ROLEXには時計界をけん引する歴史的発明を3つもしています。

その三大発明とは

  • オイスター(防水)
  • パーペチュアル(自動巻き)
  • デイトジャスト(12時きっかりに日付変更)

です。

当たり前ですがROLEXは機械式時計です。

そして、現在世に出回っている多くの機械式時計は上記の三大発明を当たり前のように採り入れて販売されています。

今では防水性能だったりゼンマイを巻かずして腕に付けていれば日常の動作で時計の針は止まりませんし12時きっかりに日付が変わるのも当たり前ですよね。

しかしその起源はROLEXにあった!!

ということです。

機械好きの男性からしたらまさに男心を擽られる歴史を秘めていますね。

リファレンスナンバー

ROLEXはその時計がいつ作られたか、製造年が分かる仕組みになっています。

リファレンスナンバーと言って個体にアルファベットや数字が振ってありそれを知ることによって何年製のものか分かるようになっています。

なので全く同じ見た目の時計でも

  • 今年作られたものなのか
  • 昨年作られたものなのか

分かってしまいます。

そしてROLEX最大の魅力!

このリファレンスナンバーを調べれば

「自分の生まれ年の時計」

を探すことができるのです。

いわばそのROLEXと同じ年に生まれて巡り巡って今、自分の手元に辿り着いたと思うと感慨深いものがありますよね。

サイズ感

現行の腕時計はROLEXに限らずどのブランドもデカい傾向にあります。

これも時代の流れなのでなんとも言えませんが、ブランド物はさりげなくをモットーとしている僕には良い傾向とは言えません。

なので新品を買う気には全くなれません。

しかし、一年代前の時計はどれも小ぶりでいかに小さな空間に素晴らしい技術を詰め込めるか、といった流れがありました。

その年代に作られたROLEXつまり僕の生まれ年に作られたROLEXは僕好みのサイズ感だったのです。

これらの理由に魅せられてROLEX購入へ進んでいきますが、次に僕が購入したモデルや購入するまでのポイントを解説します。

僕が購入したモデル

Oyster(オイスター)

Perpetual(パーペチュアル)

Date(デイト)

というモデルです。

なぜこのモデルにしたのか解説していきます。

ROLEX三大発明が凝縮した一品

僕が購入したモデルは三大発明がギュッと凝縮された一品です。

今はどのモデルでも同じ性能を備えていますがこの性能のみという点に惹かれました。

  • ブランド物はさりげなく
  • どこまでもさりげなく
  • 極限までさりげなく

というのが僕のモットーですのでバッチリフィットしました。

三大発明ならデイトジャストでは?

という疑問もありそうですが僕の年代ですとデイトでも12時きっかりに日付変更しますしデイトジャストのフルーテットベゼルがギラギラしていて悪目立ちしてしまう、と思ったのであえてデイトにしました。

生まれ年+サイズ感が手首にジャストフィット

時計選びで一番重要なことそれはサイズ感です!!!

これは間違いありません。

以前の記事、ファッションの三原則でもサイズ感の重要性についてこんこんと解説してきましたがやはり時計もサイズ感が全てです。

また小ぶりな時計ですとおじいちゃんになってからでも嫌味なく使えますよね。

良いものは少しでいいから末永くお付き合いする、なんだか素敵じゃないですか(^^)

また腕時計で一番

やってはいけないことが

  • 身体⇒ガリガリ
  • 時計⇒鬼デカい

という最悪の組み合わせです。

これは本当にどちらも損をしているのでサイズ感はマジで重要です。

ちなみに、、、

サイズ感についての記事はこちらになります。

まだ読まれていない方はぜひ読んでください。

(筋トレ)男子必見!オシャレに着こなすための三原則 前編~サイズ~

ではどこのサイズ感で見るのかこれもかなり重要ですが実は一番大切なのは手首です。

僕の場合、腕周りに比べて手首がめちゃくちゃ細いです。

そして、手首は前腕と違って骨の太さがそのまま反映されるので鍛えることができません。

つまり手首の太さを最も重要視して時計を選んでいく必要があります。

そして僕の生まれ年に作られたROLEXは僕の手首にジャストフィット!

これは奇跡というか運命というか思わずそう感じてしまいました。

ちなみにデイトは34mm

デイトジャストは36mm

だったためたった2mmの差ですがそこがデイトにした決め手でもありました。

たった2mm、されど2mm

ここまでサイズ感に拘ることが重要です。

約30年前の時計とは思えないほどの作り込み、洗礼された雰囲気そして色褪せない不変的な形

まさにKING OF 腕時計だ!!と今でも確信を持っています。

記事のまとめ

今日の記事のまとめです。

今回の記事の内容はなぜROLEXを購入したのかというところから始まり

  1. ROLEXの三大発明
  2. リファレンスナンバー
  3. サイズ感

という3つの要素が絡んでいることを説明してきました。

次に僕が購入したモデル

Oyster-Perpetual-Date

について紹介し、なぜこのモデルの購入に至ったかも

  1. ROLEX三大発明が詰まった一品
  2. 生まれ年+サイズ感が手首にジャストフィット

という心揺さぶられるストーリーがあり僕の情熱も交えて伝えてきました。

僕もROLEXをはじめは敬遠していましたが正しい情報を知るということが大切だと改めて感じました。

 

そして、最後に気付いたのは、、、

今回の記事で筋トレのことは何も語ってこなかったということです(笑)

まぁ、こういう日があってもいいのではないでしょうか!!??(笑)

最後に筋肉と掛け合わせて一言添えるなら体格が良くなるのと比例させて時計もデカく新調していく必要は全くないというところです!

本気で調べて、現地まで足を運んで色んなものに触れればマジで一生モノの時計が手に入ります。

僕も機械式時計が欲しいと思ってから約10か月間、毎日のように調べまくって色んな所に足を運びようやく渾身の1本を手に入れました。

なのでこの時計に対する情熱は誰にも負けません!

隣で誰かが高級な時計をつけていても僕は堂々としていられる自信があります。

それぐらいの愛着と情熱を持っています。

時計はあくまで嗜好品です。

生活必需品ではありませんし、時間の確認ならスマホで充分です。

しかしファッションという分野において外すことは決してできないアイテムです。

もしもうワンランク大人な着こなしがしたいとお考えなら一度手に取ってみてください。

あなたにとって最高の1本に出会えることを僕も楽しみにしています。

腕時計メンテナンスキッドはこちら

 

またメンテナンス時は手袋があると便利

 

それでは今日も終わりたいと思います。

今日もありがとうございました。

コメント