首痛を治す方法3選

基礎知識

こんにちは。

筋トレ×ファッションブログ

運営部のマー君です。

今日は首痛を治す方法3選というテーマでやっていきます。

はじめに。

ホームトレーニングを始めた方、腕立て伏せをやると首が痛いという経験ありませんか?

というのも、僕もこの悩みに直面しまくってました。

初めのうちは首が痛いだけでしたけどだんだんと頭痛の方にも影響してきて、更に放置して悪化すると力むだけで頭痛になるという、もう最悪の状態です。

数秒間息を止めて、その後呼吸をしたときに酸素が脳に流れていく瞬間にグワングワンして頭痛が起こるという、ここまできてしまうともう筋トレどころではありません。

ひたすら寝ていたくなります。

首が痛い。

もう何もしたくない。

筋トレも辛い。

もう、嫌だ。

おやすみなさい。

今日はそんな悩みを持つ方々に救いの手を差し伸べるべく記事を書いていきますので最後まで読んでいってください。

瞬間的に治す方法

まずは瞬間的に治す方法です。

こちらは簡易的処置になりますので

これからパーティなのに頭痛がひどくて楽しめないわ

 

なんて方にはこちらの方法が良いかと思います。

なんといったって皆さん大好き、最短最速ですからね!

そしてその方法は・・・

ここは僕が解説するというよりもYouTubeでアップされていたKazuya Sakodaさんの動画を参考にしてください。

3秒で首コリを消す体操[English subs]Exercise to eliminate neck stiffness in 3 seconds.

この方法をやるとマジで瞬間的に治ります。

すごいです!

「あれ?首痛どこ?」ってなります。

是非一度やってみてください。

ちなみに僕は首を左右上下だけでなく、時計回り・反時計回りもさせて結構強引にやっちゃいます。

痛気持ちいいってやつですね。

僕自身もこの方法で何度も助けられました。

しかし個人的にはあくまでも瞬間的にしか効き目はないかなと思いましたので次は地道に継続して、しかし確実に治していく方法を伝えていきます。

地道に継続して治す方法

一発で解消とはいきませんが早くて1〜2時間で、少し時間はかかっても2,3日継続するとスッキリと治る方法を紹介します。

それは大胸筋、特に鎖骨のすぐ下あたりのコリを揉み解してあげることです。

赤色で半円に塗りつぶしてある、ここを暇を見つけてはゴリゴリとマッサージしていきます。

マッサージのコツとしては鎖骨に沿ってしっかりと胸骨ら辺までやってあげることです。

首痛になる原因と解決策

ここで首痛になる原因となぜ鎖骨下マッサージが効果的なのかを説明します。

そもそも首痛になる原因のほとんどが大胸筋が凝り固まってしまっているからです。

特にトレーニングをしていたり、ディスクワークが多い方は常に肩が前に入っている状態になってしまいがちです。

すると知らず知らずのうちに大胸筋が動かなくなりその位置で筋肉が固まってしまうのです。

大胸筋が縮まった状態で凝り固まることによって僧帽筋等の拮抗筋が強制的にストレッチされ、その影響で首の筋肉に自由が効かなくなって首痛へと影響してしまいます。

また大胸筋の中部辺りからは腕を横に伸ばしたりすることによってストレッチができますが鎖骨下の筋肉は普段の動きではなかなかストレッチされません。

だから首を直接マッサージするのではなく根本的な原因となっている大胸筋、特に鎖骨の下をマッサージすることが首痛解消への手掛かりなのです。

それでは最後に首痛にならないための方法を解説します。

首痛にならない方法

いくらマッサージを繰り返して治したところで再び首痛はやってきます。

なぜならばマッサージやストレッチでは根本的な解決にはならないからです。

ならばどうするか、それは首痛にならないための対策を取るのが必要です。

その解決策はただ一つ!

それは背中トレーニングをやることです!

首が痛くなる原因は先ほど説明しました。

簡単に復習すると大胸筋が凝り固まってしまうためです。

それと背中トレーニングにどう関係があるのか。

それは背中を鍛えることによって背中に筋肉がつき、その結果身体の前と後ろの引っ張られるバランスが保たれるからです。

この状態まで持っていけばもう首痛とは永遠におさらば。

もし痛くなったとしても鎖骨下グリグリマッサージで一発回復です!

皆さん、是非背中トレーニングにも注力してみましょう。

ちなみに僕が背中トレーニングでオススメしているのはこちら。

〜Back Number〜

背中トレーニングの王道、チンニング(懸垂)ついて徹底解説

記事のまとめ

今日の記事のまとめです。

今回は首痛を治す方法3選というテーマでやってきました。

首痛を治すには

  • 瞬間的に治す方法
  • 地道に継続して治す方法
  • もう首痛にならない方法

の3つがあり、上から短期的、中期的、長期的視点で解説してきました。

段階的に試してみてください。

僕自身、鎖骨下のマッサージをもう5年以上続けていますが首が痛い時は鎖骨下を触ると大体いつもより凝り固まっているのがわかります。

ちなみに妻が子育てで首が痛いと言っていたので試しに鎖骨下を触ってみると鉄板が入っているのかっていうぐらい凝り固まっていました。

継続していると感覚でわかってきます。

試しに首が痛いという方、家族や友達の鎖骨下と触り比べてみてください。

恐らく自分の方が固くなっているはずです。

ちなみに鎖骨下マッサージにはこんなアイテムがあると重宝します。

100円均一で売っていますので是非参考までにどうぞ。

そしてマッサージして運動できるまで回復したら是非背中トレーニングを取り入れて首痛にならない身体作りをしていきましょう。

トレーニングの情報や食事管理、ホームトレーニングでのできることなどはこれからも発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

それでは今日も終わりたいと思います。

今日もありがとうございました。

筋トレいってらっしゃい。

コメント