ダサい腹筋からカッコいい腹筋へ!劇的に変われるトレーニング方法

基礎知識

こんにちは。

筋トレ×ファッションブログ

運営部のマー君です。

今日はダサい腹筋からカッコいい腹筋へ!劇的に変われるトレーニング方法を徹底解説というテーマでやっていきます。

はじめに。

また腹筋ローラーの紹介か?

いいえ、今回は一味違います。

腹筋は腹筋ローラーで事足りますが、この種目をやらないとカッコいい腹筋にはなれません。

そのカッコいい腹筋を手に入れるトレーニング方法こそがサイドベントという種目です。

というのもサイドベントは横腹を鍛える種目であり、ここを鍛えることによって気になる横っ腹が引き締まります。

腹筋はうっすら割れてきたのに横のお肉が落ちないな、という経験ありませんか?

そもそも腹筋割るとかより横のお肉をどうにかしたい、と思っている方も少なくないかもしれません。

そしてそんな悩みを持った方、サイドベントをやらないと今の体型のままです。

動作も難しくありませんしダンベルひとつで出来ます。

なので是非やってみましょう。

サイドベントという種目

それでは、サイドベントという種目を解説していきます。

サイドベントとは片方の手にダンベルを持って左右に身体を動かす動作のことを言います。

↑たったこれだけ

ちなみに鍛える部位はダンベルを持っていない方の腹斜筋がターゲット部位になります。

フォームや意識すること

サイドベントで意識すること「ストレッチと収縮の動作を大きく意識的にやる」です。

  • ダンベルを地面へ向かって下ろす時に腹斜筋を思いっきりストレッチさせてください。
  • そしてストレッチされた腹斜筋を引き締めるイメージで収縮させてください。
  • もう収縮しきらないというところまで来たら再び腹斜筋をストレッチさせてください。

そうすることによって普段使うことのない筋肉が収縮、ストレッチを行うことで横腹が引き締まっていきます。

↑の写真で言うところの赤色の線の方向へ筋肉を伸び縮みさせるイメージです。

サイドベントをやらない派の意見

サイドベントという種目、実はアンチも多いトレーニングです。

なぜなら腹斜筋を鍛えるとそこに筋肉がついてしまい、更に発達が進むとポコッと横腹みたいな筋肉がついてしまうという理由からです。

なので特にフィジーク選手やボディラインをVシェイプに仕上げたい人はやらないということもよく聞きました。

僕自身も「なるほど」と思いましたし、たしかにフィジーク選手のトレーニングを見てみているとサイドベントをやっている方は稀だと思います。

僕の考え、意見

ここからは僕の意見です。

僕は初心者や横腹を引き締めたいと思っている方なら必ずやるべき種目だと確信しております。

それはなぜなのか、解説していきます。

筋肉はそんな簡単に大きくならない

まずはじめに、筋肉はちょこっと鍛え始めたからってすぐに発達しません。

特に脂肪が載っているような人なら尚更です。

なので安心して鍛えても大丈夫です。

むしろ今まで使ったことのない筋肉を使うことで新しい刺激が入りますし筋肉がつけばその分、引き締まっていくスピードも加速させられます。

なので余計な心配をせずとりあえずサイドベントをやってみましょう。

僕自身、サイドベントをやりまくっていた

これは実体験です。

僕自身、サイドベントが大好きでやりまくっていました。

特に1日の最後の種目に持ってきて1日の締めのトレーニングとして腹斜筋を引き締めて終わっていました。

そして鍛えに鍛えまくった腹筋&腹斜筋の写真がこちら↓

当時は40kgのダンベルでサイドベントをやっていました。

こちらの写真をみて横腹に変な筋肉ついていますか?

全くですよね!

もちろん、筋肉のつき方には個人差がありますので一概には言えません。

ただ僕の場合はどんどん引き締まってはいきましたが肥大することはなかったのである程度鍛えるなら大丈夫だと確信しております。

記事のまとめ

今日の記事のまとめです。

今回はダサい腹筋からカッコいい腹筋へ!劇的に変われるトレーニング方法というテーマでサイドベントについて解説してきました。

サイドベントは腹斜筋を鍛えるのに最適な種目です。

それでもアンチも多い種目なため、もし不安だという方は違う意見を言っている方のサイトへ行ってみてください。

僕自身はサイドベントで変わることができたし変に筋肉が肥大することもありませんでした。

あとはあなた次第です。

自分で取捨選択して自分なりの美ボディを作っていきましょう。

それでは今日も終わりたいと思います。

今日もありがとうございました。

筋トレ行ってらっしゃい。

コメント