5分間全力シリーズ〜脚トレーニング編〜

実践・実行

こんにちは。

筋トレ×ファッションブログ

運営部のマー君です。

今日は5分間全力シリーズ〜脚トレーニング編〜というテーマでやっていきます。

はじめに。

※5分間全力シリーズとは1つの種目を5分間全力でやり続けるというトレーニング方法です。

今回は背中、胸トレーニングに引き続き脚トレーニングで5分間耐久トレーニングを行いました。

過去の記事はこちら

〜Back Number〜

5分間全力シリーズ〜背中トレーニング編〜

5分間全力シリーズ〜胸トレーニング編〜

それでは早速やっていきましょう。

トレーニングメニュー

今回行ったトレーニングメニューはシシースクワットです。

シシースクワットのやり方やフォーム、負荷を増やす方法を解説!

シシースクワットは主に大腿四頭筋を集中的に鍛えるトレーニング方法になります。

大腿四頭筋とは太ももの前側の筋肉のことを言います。

正面から見た時に特に目立つ筋肉のためここを鍛えるか鍛えないかで第一印象はかなり変わってきます。

そのため必ず鍛えるべき部位の一つです。

ルール、数の数え方

今回の5分間耐久トレーニングのルールはこちら。

  • 制限時間は5分間
  • 休憩してもいいがその間、時間は止めない
  • 回数は4秒で沈み込み1秒で起き上がってくることを意識
  • 回数には全く拘らない(あくまでも大腿四頭筋の筋肉を意識して行う)

今回使用したトレーニング器具

今回はノーアイテムで行いました。

しかし、シシースクワットはバランスを取るのが難しいので椅子やテーブルなどに手をついてバランスをとりながら行なってください。

トレーニング結果

今回は回数は全くカウントせず行いました。

それよりも5秒で1回をいかに規則正しく行えるかに焦点を当ててトレーニングを行いました。

5分間で300秒、5秒で1回を全て規則正しく行えたら60回になりますがそんなに上手くは行きません。

それでは僕がやってみての感想、意見を述べたいと思います。

今回のトレーニングを終えての感想、意見

シシースクワット5分間はやはりかなりキツいです。

全てを規則正しくやるのは相当の強者でないと厳しいと思いました。

それでもたったの60回なのでできないこともないかもしれません。

また、やっている中でだんだんと楽なやり方を探してやっている自分がいるのを途中で気づいたので、逆にキツい方法を探しながらやるようにしてみました。

そこでシシースクワットが劇的に効く方法を見つけました。

それは、身体を起こした時に膝が伸びきる直前まで伸ばすことです。

膝を伸ばし切ってしまうと大腿四頭筋から負荷が逃げてしまうのでギリギリで止めるのがミソです。

この状態↑

そしてまたしっかりと深く沈み込む。

すると大腿四頭筋が爆発するまで追い込めます。

是非みなさんもやってみてください。

(ちなみに、以前の懸垂、腕立て伏せの時に比べたらやった後の筋肉の回復が早い気がしました。そこで少し休憩した後、サイドスクワット5分間も行いこの日のメニューはフィニッシュとしました。)

記事のまとめ

今日の記事のまとめです。

今回は5分間全力シリーズ〜脚トレーニング編〜というテーマやってきました。

僕が5分間耐久トレーニングで行った内容はシシースクワットです。

シシースクワットは大腿四頭筋をターゲットとした種目になります。

大腿四頭筋に刺激が欲しいという方は是非やってみてください。

そして5秒かけ1回をしっかり行うと5分間で60回できます。

あなたも是非やってみて60回コンプリートにチャレンジしてみてください。

そしてシシースクワットは自分との戦いがかなり強い要素になってきます。

徐々に楽な方へ身体がやり方を変えていってしまわないよう工夫しながら行なってみてください。

僕の場合は身体を起こした時に膝が伸びきる直前まで伸ばすことで強い刺激を得ることができました。

参考にしてみてください。

それでは今日も終わりたいと思います。

今日もありがとうございました。

筋トレいってらっしゃい。

コメント