腕トレーニング一緒にやりましょう!

実践・実行

こんにちは。

筋トレ×ファッションブログ

運営部のマー君です。

今日は腕トレーニング一緒にやりましょう!というテーマでやっていきます。

はじめに。

今日は一緒にやりましょうシリーズ、腕トレ編です。

上腕二頭筋と上腕三頭筋両方を一緒に鍛えていきましょう!

僕が紹介するトレーニングの中では結構なボリュームなので頑張りましょう。

準備するもの

このトレーニングをするにあたって準備するものは

  • ダンベル
  • アプリ<筋トレ>

以上です。

このアプリはずっとオススメで紹介していますが今回もやっぱり使います。

本当に使い勝手が良いのでダウンロードしましょう。

トレーニング内容

上腕二頭筋と上腕三頭筋で分けて行いました。

はじめに上腕二頭筋を徹底的に追い込み、次に上腕三頭筋を徹底的に追い込みました。

上腕二頭筋のメニューから紹介していきます。

上腕二頭筋メニュー

上腕二頭筋のトレーニングメニューは次の通りです。

1.ワンハンドアームカール(右)1分→休憩10秒

2.ワンハンドアームカール(左)1分→休憩10秒

3.ワンハンドアームカール(右)1分→休憩10秒

4.ワンハンドアームカール(左)1分→休憩10秒

5.ワンハンドハンマーカール(右)1分→休憩10秒

6.ワンハンドハンマーカール(左)1分→休憩10秒

7.ワンハンドハンマーカール(右)1分→休憩10秒

8.ワンハンドハンマーカール(左)1分

1〜2分休憩後、一番上へ戻る。

これを2周したら終わりです。

5.からハンマーカールに変わっていますので注意してください。

重量は重めに設定しましょう。

全てワンハンドで行うため一つの腕の筋肉に集中できるため両腕で同時に行う時よりは高重量が扱えます。

王道の2種目ですが回数でなく時間で区切るところがポイントです。

上腕三頭筋メニュー

上腕三頭筋のトレーニングメニューは次の通りです。

1.ライイングエクステンション1分→休憩10秒

2.キックバック1分→休憩10秒

3.リバースプッシュアップ1分→休憩10秒

4.フレンチプレス1分

1〜2分休憩後、一番上へ戻ります。

これを2周したら終わりです。

ライイングエクステンションとキックバックの重量は重めに設定しましょう。

リバースプッシュアップは上腕三頭筋に一番負荷がかかる位置をキープして行いましょう。

フレンチプレスはダンベルを一つにして行います。

1サイクルの最後の種目なのでダンベル一つでももう上がらないぐらいパンプしています。

トレーニングを終えて

とにかくキツかったです。笑

トレーニングを終えて今この記事を書いていますがまだ腕がバグってます。笑

高重量メニューの大切さも改めて感じました。

またこのメニューは筋肥大を目的とするメニューとなっております。

そのため途中でもう上がらなくなったり、耐えられなくなることもしばしばありました。

しかしそこは気合いで乗り切りましょう。

また辛くなって自力では上がらなくなってきたらチートを使って上げてしまい、ネガティブに効かせる方法でも良いです。

とにかく1分間をやり切れるように頑張りましょう。

 

筋トレ中の1分は本当に長い。

まさにドラゴンボールの「精神と時の部屋」だ!

記事のまとめ

今日の記事のまとめです。

今回は腕トレーニング一緒にやりましょう!というテーマでやってきました。

最近は短時間or低重量でのトレーニング種目の紹介が多かったので今回は割とボリュームのあるトレーニングを紹介してきました。

それでも時間にして30分ちょいぐらいで終わってしまいます。

しっかりと集中して行えば毎日の30分の積み重ねで美ボディになることは可能です。

密度の濃い、内容の詰まったトレーニングを目指してやっていきましょう。

そしてすべてホームトレーニングでできる内容ばかりです。

ホームトレーニングで揃えるべき器具はこちらの記事で紹介しています。

~Back Number~

ホームトレーニングで必要最低限揃えたいトレーニング器具5つ

僕もなるべく時間をかけず、しかし筋肉にはしっかりと効かせられるトレーニングを紹介していけるようにこれからもやっていきます。

お互い高め合っていきましょう。

それでは今日も終わりたいと思います。

今日もありがとうございました。

筋トレ行ってらっしゃい。

コメント