結婚式の二次会で周りの男性と圧倒的に差をつけるにはVゾーンに拘るべし

ファッション

今度友人の結婚式の二次会に呼ばれたんだけど、どうせならカッコいい姿で参列したいな。

けど挙式から参列している人たちはスーツのまま二次会に来るだろうから自分だけ奇抜な格好はできないよね?

確かに、、、

おしゃれにキメたいけど二次会のためだけに新しいスーツを買う余裕も僕にはないしなぁ。

今持っているスーツでおしゃれにする方法が有れば良いのにね。

今日はこんな悩みを持っている方必見の内容です。

今あなたが持っているスーツでも周りと圧倒的に差をつける方法をお伝えします。

そして二次会当日は自信を持って参加できる未来が待っていますので、オシャレになりたいという向上心のある方だけ最後まで読んでください。

今持っているスーツでかっこよくキメるには

スーツで一番重要視するところ、それはVゾーン(首回り)です。

スーツの印象の7割以上はVゾーンで決まると言われています。

このVゾーンを立体的に演出してあげるだけであなたはおしゃれの仲間入り確定です。

逆にどれだけいいスーツを着たとしてもVゾーンに立体感や躍動感を表現できなければいつまで経っても垢抜けない、野暮ったい印象のままです。

カッコいいスーツ姿を目指すならスーツの買い替えを検討する前にVゾーンに徹底的に拘りましょう。

なるほど。

でもどうやって立体感を出せばいいんだろう?

それにネクタイをすればある程度の立体感は出てくるよ。

確かにネクタイをすれば立体感はある程度出てきますが、二次会スタイルではネクタイを外した方がこなれ感が出ます。

各式と伝統を重んじる挙式、披露宴に比べて二次会というのはかなりカジュアル。

つまりパーティー的な要素もかなり大きいです。

そんなパーティーに挙式スタイルと全く同じ格好で参加するのはトゥーマッチ

少なくとも周りと圧倒的に差をつけるなら少しリラックスして大人の余裕を見せたいところです。

逆に周りがその重要性に気づいていないからこそ、こちらはあえてノータイで参加するのです。

また挙式から参列する場合には二次会の時にはネクタイをはずして参加すると良いでしょう。

なるほど!

けどノータイのスタイルだとVゾーンを立体的にするのって難しそう、、

それではノータイのスタイルでVゾーンを立体的にする方法を解説していきます。

Vゾーンの立体感が出ない90%の原因はシャツにある

もしあなたが今持っているスーツ一式でVゾーンがうまく決まらないなら、その原因の90%はシャツにあります。

その理由はシャツこそが立体的に見せるための最大のポイントとなるからです。

皆さんいいスーツスタイルというとスーツや革靴に目が行きがちですがスーツスタイルで一番重要なのは間違いなくシャツです。

なぜならばシャツこそがVゾーンを立体的に演出する全てだからです。

選んではいけないシャツの特徴3選

シャツが重要というからには選んではいけないシャツというのが存在します。

今あなたが持っているシャツがこれらに該当してしまっている場合は今すぐ脱ぎ捨てて破り捨てて闇に葬ってください。笑

そんな選んではいけないシャツとは

  • 大型紳士服専門店で並んでいるシャツ
  • ポリエステル混合シャツ
  • 自分の身体とサイズ感があっていないシャツ

以上3つです。

もちろん一つだけでも該当すれば即アウト

そしてこれらを全てコンプリートしてしまっている方、言わば逆パーフェクトヒューマンの方は完全にアウトです。

粗悪な素材、化学繊維を使って大量生産され、さらに自分の身体に合っていなかったらそりゃダサいですよね。

オススメのシャツメーカー3選

選んではいけないシャツがある中、オススメできるシャツというのも存在します。

これらを選んでさえいればまず間違うことはありません。

そんな3選を紹介します。

  1. 鎌倉シャツ
  2. セレクトショップオリジナルシャツ
  3. イタリア製シャツ

これらは非常に優秀ですが特に優秀なのがイタリア製シャツです。

少し値段は高くなりますがVゾーンの立体感からシャツ単体でのシルエット、着心地まで今までのシャツの常識を全て覆します

値段もそれなりにしますがスーツを上下買い替える資金に比べたらまだ手の届く範囲。

ぜひ検討してみてください。

イタリア製シャツの中でもさらにオススメなのは「フィナモレ、バルバ、マリアサンタンジェロ、サルバトーレピッコロ、ギローバー、オリアン」等のブランドです。

イタリア製シャツまではいかなくてもかなり優秀なラインなのがセレクトショップオリジナル、通称セレオリのシャツです。

セレオリのアイテムは小ばかにされがちですがユナイテッドアローズやビームス等のメインラインのセレオリ商品はかなりのクオリティです。

またセレオリの商品はセールにかかりやすいためセール時期を狙ってさらにお買い得に購入できるというメリットもあります。

最後に一番コスパの良いシャツが鎌倉シャツです。

鎌倉シャツではコスパが良いにもかかわらず綿100%のものを使用しており非常に上品な着こなしになります。

またサイズ展開もかなり豊富で店舗へ行けば店員さんがサイズの選定をしてくださるので自分に合ったサイズを選ぶことができます。

始めの1着目を鎌倉シャツにするというのも非常に良い選択肢の1つです。

シャツを選ぶ上でのポイント

シャツを選ぶうえでのポイントは

  • 襟の形
  • 前立てから襟にかけての立体感
  • 貝殻ボタン

これらに気を付けて選んでください。

前立てから襟にかけての立体感、貝殻ボタンについても非常に重要ですが今回は襟の形にスポットを当てて解説していきます。

—————————————-

セミワイドスプレッド

エレガントかつ大人の余裕を見せたいならセミワイドスプレッド。

カッタウェイ

スポーティーかつ軽快さをアピールしたいならカッタウェイ。

ボタンダウンシャツ

カジュアルとされるためトゥーマッチ。

ショートカラー

襟が小さいシャツもオシャレな人が着こなす分には良いですが初心者がやると小物感が一気に漂うのでNG。

ちなみにカラーとは襟のことを言います。

イタリアンカラー

若干カジュアルになりますが前立ての立体感から襟の形にあってはピカイチ

二次会限定なら選んでも問題ないでしょう。

レギュラーカラー

一般的によく見る、スタンダードな形。

可もなく不可もなく、これといった特徴もなく

なんか隅っこの方にいたかも、で終わってしまうかもしれません。

—————————————-

上記が店頭でよく見る襟の特徴です。

どの襟を選ぶかでVゾーンの印象もかなり変わりますのでどのような着こなしをしたいかで選んでいきましょう。

ちなみに僕のオススメは

1.セミワイドスプレッド

2.カッタウェイ

です。

記事のまとめ

結婚式の二次会やパーティーでオシャレをすることはもちろん大切ですがその場に合った服装が求められます。

悪目立ちしてしまったり、奇抜的なファッションはあなた自身の魅力も失うことになってしまうので十分注意して、マナーの中でオシャレを楽しんでください。

ジャケット選びでワンランク上の着こなしをしたい方はこちら。

干場義雅さんから学ぶ、良質なジャケットの選び方(前編)

干場義雅さんから学ぶ、良質なジャケットの選び方(後編)

コメント