賃貸アパートに本格的なトレーニングジムを作っちゃおう〜計画編〜

環境

今日は僕の備忘録です。

今後アップされるかもしれないし今日限りで終わるかもしれない、そんな内容です。

 

■記事の内容■

1.ジムを作りたいと思った経緯

2.賃貸でもフル活用をできないか

3.ホームジムのメリット・デメリット

 

 

1.ジムを作りたいと思い立った経緯

最近、というかずっと思っているわけです。

ジムに行きてー!!!と。

そこで賃貸アパートでも本格的なジムを作れないかの検証をしていきます。

 

<現状の把握>

↑現在所有してるトレーニング器具

 

マー君はたったこれだけの器具で筋トレをしています。

これらを駆使しながら最大の負荷が与えられないかを常に考えながらトレーニングしております。

 

しかしやっぱりジムに行きたい!

常々こう思うわけです。

 

2.賃貸でもフル活用できないか

そこで考えたのが現在借りているアパートにトレーニング機材を置いて筋トレできないかということです。

今の賃貸アパートには庭がついています。

↑全く活用されていない庭

ここにトレーニング器具を置けないかということを考えております。

 

<必要最低限揃えたい器具>

ちなみに置く器具は

1.パワーラック一式

 

2.ベンチ台

 


3.オリンピックバーベル

 

4.可変式ダンベル

 

これだけあれば

ベンチプレス(大胸筋)

デッドリフト(広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋)

スクワット(大腿四頭筋、大臀筋)

ビッグ3は鍛えられます。

そのほかにも工夫次第でいろいろなトレーニングが実現可能です。

 

3.ホームジムのメリット、デメリット

ホームジムのメリット

・家にいながら本格的なトレーニング

・子育て中には更にありがたい

・コロナとか関係ない

・トータルするとかなり安い

 

ホームジムのデメリット

・屋外だから近所迷惑かも

・夏は暑く冬は寒い

・器具が痛む可能性あり

・賃貸からの撤退時に邪魔になる

 

メリット・デメリットはこれらが考えられます。

そして僕が一番懸念していることは、少ない器具でも美ボディにもなれるという当ブログ最大の強みが失われてしまうのではないかというところです。

明らかに家にこれだけの器具が揃っている人は少ないですしこれだけ揃えるならジムに行こうというのが普通の発想です。

誰にも共感されない記事というのは書いていて辛いものがありますし、そう考えると今の環境で美ボディを目指していった方が良いのではないかとも考えてしまいます。

まとめ

■記事の内容■

1.ジムを作りたいと思った経緯

2.賃貸でもフル活用をできないか

3.ホームジムのメリット・デメリット

 

今後どうしていくかはまだ未定です。

また進展があれば続編をアップしていきます。

 

一緒に読みたいオススメ記事

ホームトレーニングで必要最低限揃えたいトレーニング器具5つ

あなたの筋トレの目的は?ジムからホームトレーニングに切り替えて気付いたこと

筋トレに熱中しすぎて金がない!トレーニング貧乏にならないために気をつけること!

コメント