人生のワードローブで機械式時計が必要な理由とは?~前編~

ファッション

 

ググる人
ググる人

腕時計について興味はあるが難しそう。

機械式時計の魅力について知りたい。

時計の知識はどこで知れるんだろう。

同じ時計でもなぜあんなに高いの?

今日はこのような疑問について僕の機械式時計との出会いから機械式時計の魅力に迫っていきたいと思います!

今回のテーマは前編・後編と分けて解説していきます。

 

■記事の内容■

1.マー君と機械式時計との出会い

2.機械式時計が気になり出したら、、、

3.時計を選ぶときの注意点

 

こんにちは、マー君です。この記事を書いている僕は大人かっこいいファッションを目指して7年

今までオーダースーツを3着仕立て、brチャンネルでは大変光栄である干場賞を受賞させていただきました。

またファッション意外にも筋トレも大好きで両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレだけじゃダメ!?モテるためにはファッションも超重要だったその理由とは

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は人生のワードローブで機械式時計が必要な理由とは?というテーマについて解説していきます。

機械式時計、なんだか響きがかっこいいしすごく興味はあるけど自分には縁のないモノだなぁ、、、と思うことありませんか?

ぼく自身、時計にめちゃくちゃ興味がありました。

しかし時計に詳しい人に聞いても「お前そんなことも知らないのか!」マウンティングを取られそう。

こう思って、ただ興味がある人で終わっていました。

しかし今では機械式時計についてある程度の知識を付けることができ、2本所有するまでに至りました。

僕がなぜここまで辿り着けたのか、僕と機械式時計の出会いから、僕がオススメする調べ方、知識の習得方法までをお伝えします

たったの5分で読み終わりますので今日も最後までよろしくお願いします。

 

 

1.マー君と機械式時計との出会い

僕が機械式時計との出会いの中で大きく心動かされたのが「先輩オシャレ番長との出会い」でした。

ここでは先輩オシャレ番長をYさんとしておきます。

僕が大人かっこいいスタイルを目指すにあったって、Yさんの影響がかなり大きかったです。

なぜならとにかくオシャレだから!!!もうこれに尽きます。

そしてそのYさんが持っていたのが機械式時計でした。

当時機械式時計のことについて何も知らなかった僕はYさんからいろいろなことを教えてもらいました。

そこで分かったのは時計に詳しい人は「マウンティングを取ってこない」ということです。

Yさんは僕に対してめちゃくちゃ丁寧に教えてくださりました。

また、時計購入に至ってはただカッコいいからとか見栄で買うのではなく、しっかりとした理由やその時計と自分とのストーリーがあるのを知りました。

そこから僕は時計の魅力にどんどん引き込まれていくと同時に「なんて奥が深い世界なんだ」と思いました。

 

2.機械式時計が気になり出したら、、

僕の場合はYさんという最強のパーソナルトレーナーがいたわけですが全員が全員そうではありません

機械式時計が気になる、でも聞ける人がいない場合はどうするか。

それは機械式時計の雑誌を買い漁ることです。

今ではYouTubeやネットなどで様々な情報が手に入りますが、知識がないとそもそも何を調べていいかもわかりません。

つまり本でベースの知識を入れておくのはかなり重要です。

 

★時計雑誌から学べること★

  • ROLEXの歴史
  • 気になる時計の詳しい情報
  • アンダー○○万円で買えるモデル
  • 各時計の名称(図解で分かりやすい)
  • キャリパーのこと

これらって時計について詳しければ自分で検索を掛けられますけど、知らなければこんなワード出てきませんよね。

つまり初心者のうちはこれらの基礎知識専門用語をを入れておくことが非常に重要なのです。

書店で機械式時計の雑誌を買い漁る

これは初心者の方こそ盲点だった方もいるかもしれませんが、書店に行くとかなりの時計雑誌が置いてあります。

是非手に取って読んでみてください。

あなたの知識がきっと深まります。

 

 

3.時計を選ぶときの注意点

時計を選ぶときのポイントというのはかなりあります。

一人一人のスタイルも違うし好みも違うので一概にオススメ商品を紹介!なんて薄っぺらいことは書きません。

しかしこれだけは必ずやってほしいことがあります。

それは現物を必ず見に行くということです。

特に気になっているモデル以外も必ず見てください。

なぜならば写真や雑誌で見るのと現物ではまるで別物に見えるからです。

 

★僕が体験した写真と現物とのギャップ★

パターン1

写真⇒鬼カッコいい

現物⇒微妙

IWCのポルトギーゼ

※なんか微妙だった

 

パターン2

写真⇒無興味

現物⇒鬼カッコいい

オーデマ・ピゲのロイヤルオーク

※これで雲上時計の実力を知る

 

パターン3

写真⇒鬼カッコいい

現物⇒鬼カッコいい

試着⇒微妙

ブライトリングのクロノマット

※ぼくの手首のサイズに合わなかった

 

パターン4

歴史⇒痺れるくらい魅力的

写真⇒スーパー微妙過ぎる

現物⇒鬼カッコいい

ジャガールクルトのレベルソメモリー

※今は僕の手元にあります

このようにある程度の知識を入れて行っても現物を見ると価値観がガラッと変わってしまうことがあります。

ならば初めからショップに行けばいいのでは?と思ってしまいがちですが知識0の状態で機械式時計のエリアに飛び込むのはかなり勇気がいります。

なのである程度知識を付けてから向かうことをオススメします。

 

まとめ

■記事の内容■

1.マー君と機械式時計との出会い
⇒先輩オシャレ番長との出会い

2.機械式時計が気になり出したら、、
⇒時計雑誌を買い漁る

3.時計を選ぶときの注意点
⇒現物を必ず見に行く

今回は人生のワードローブで機械式時計が必要な理由とは?というテーマでやってきました。

機械式時計の良さ魅力、そしてそこまでハードルは高くない、ということを知っていただけたと思います。

知れば知るほど奥が深い機械式時計の世界、あなたの人生のワードローブとして1本購入してみてはいかがですか?

次回は機械式時計の魅力について語っていきたいと思います。

 

一緒に読みたいオススメ記事

僕の愛用品を紹介~ROLEXの魅力~

僕の愛用品を紹介 〜ジャガールクルト〜

コメント