プロテインを飲まないなら、トレーニングしても意味はないのか

サプリメント

 

ググる人
ググる人

プロテインを切らしちゃったんだけど、次届くまで筋トレはやっても意味ないよね?

プロテインを飲まずに筋トレだけやっていたら友達に意味ないって言われたよ。

今日はこれらの悩みについて回答していきます。

 

■記事の内容■

1.トレーニングしても意味ないのか?

2.プロテインの役割とは

3.プロテインに置き換えられるもの一覧

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!!!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日はプロテインを飲まないなら、トレーニングしても意味はないのかというテーマについて解説していきます。

もし現在、なんらかの事情でプロテインが飲めないという方。

この期間はトレーニングしても意味がないのでは?と思ってしまいますよね。

無理もありません。

ぼく自身もプロテインを飲むことを推奨していますし、多くのトレーニーもプロテインを水のようにガブガブ飲んでいます。

プロテインを飲める人は継続して飲んでいけばいいのですが、今日はなんらかの事情でプロテインが飲めない、そんな人に向けての内容になります。

今プロテインが飲めずにモヤモヤしている人。

この記事を読み終わる頃にはすっきり解決しているはずです。

本当かよ!と思う人はたった5分で読み終えることができますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

1.トレーニングしても意味ないのか?

結論、そんなことありません!

ガンガントレーニングしましょう!

 

プロテインはトレーニングとの相性は抜群です。

しかしプロテインがなくてはならないか、と言ったら必ずしもそうではありません

その理由を次で詳しく解説していきます。

 

 

2.プロテインの役割とは

プロテインとはタンパク質を気軽に補給できる栄養補助食品です。

なぜならばプロテインも

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン

と言ったように乳製品大豆製品が原材料としてできているからです。

元々あるものを体内に取り入れやすいように、手軽に摂取できるようにしたものがプロテインなのです!

 

ググる人
ググる人

✔︎栄養補助食品ってことは食事で補えるならプロテインは必要ないってこと?

 

★マー君からのアドバイス★

はい、補えればプロテインは必要ありません。

以前に“1日で確実にタンパク質を150g摂取する方法”という記事をアップしました。

まだ読まれていない方のためにこちらから飛べるようにしておきます。

そこで1日150gのタンパク質をとるならプロテインを1日3回飲みましょうと話しました。

しかしもしプロテインが飲めないならもう300g余分に鶏むね肉を食べればいいだけなのです。

 

プロテインとはあくまで栄養補助食品です。

むしろ食事からしっかり栄養が取れるならプロテインは飲む必要がありません。

もしわからないという人は今一度PFCバランスを見直してみてください。

体重増加・バルク期が停滞期を迎えたら見直すべき項目と考え方、目的について

 

 

3.プロテインに置き換えられるもの一覧

上記でプロテイン3杯は鶏むね肉300gに匹敵すると説明しましたが、その他の食品でも代用可能なのかを解説していきます。

結論から言うと、高タンパク低脂質のものであれば代用可能です。

しかし牛肩ロースチーズといった高タンパクであり高脂質のものはプロテインの代わりとは言えないので注意してください。

なので今回は鶏むね肉以外で高タンパクであり低脂質のものを紹介していきます。

 

★高タンパク低脂質のもの一覧★

  • ちくわ
  • オイコス(ヨーグルト)
  • 丸大食品のロースハム
  • ささみ肉
  • プロテインバーグラノーラ
  • するめ
  • 生ハム
  • 鶏モモ肉(皮なし)
  • 牛もも肉

まだまだありますがザッとこれらになります。

ちなみにこれらをプロテイン3杯に置き換えようとすると

  • ちくわ 21本
  • オイコス 6個
  • 丸大食品のロースハム 3個
  • ささみ肉 6本
  • プロテインバーグラノーラ 6本
  • するめ 100g(一匹80g)
  • 生ハム 250g(一人前15g)
  • 鶏モモ肉 300g
  • 牛もも肉 300g

これらを組み合わせて、

  1. ちくわ 4本
  2. オイコス 1個
  3. 鶏モモ肉 100g
  4. 牛もも肉 100g

を摂取しノンプロテインというのももちろんありです。

しかしこれとは別に

  • 鶏むね肉 300g
  • 卵 5個

を取る必要もあります。

かなりしんどいような、できるような、白米無しならいけるような、、、といった感じですね。

いくら高タンパクといってもこの数字を見るとプロテインがいかに優秀か再認識させられますね。

 

 

 

まとめ

■記事の内容■

1.トレーニングしても意味ないのか?
ガンガントレーニングしましょう!

2.プロテインの役割とは
⇒タンパク質を気軽に補給できる栄養補助食品

3.プロテインに置き換えられるもの一覧
⇒高タンパク低脂質のもの

本日はプロテインを飲まないなら、トレーニングしても意味はないのかというテーマを解説してきました。

本来、食事から全てのタンパク質をまかなうのが理想です。

しかし全て理想通りにいかないからプロテインの力を借りるのであって、プロテインがなければ基本に返り食事からとる!

これを意識してもらえば大丈夫です!

つまり食事からタンパク質をとりガンガントレーニングしましょう!という最初の結論に辿り着きます!

高タンパク低脂質一覧の中から自分に合う食品を見つけて積極的にタンパク質を摂取しましょう!

 

 

一緒に読みたいオススメ記事

リバウンドしない痩せ方とは?方法ではなく〇〇に意識を向けろ!

プロテインを飲むと太る人の特徴とは?正しいプロテインとの付き合い方を解説

たったこれだけ!簡単、確実に体重を増やす食事の方法とオススメの食材

コメント