腕立て伏せ一緒にやりましょう!

実践・実行

 

ググる人
ググる人

参考になるトレーニングを教えてほしい!

筋トレのバリエーションを増やしたい!

ということで今日は一緒にやりましょうシリーズ、大胸筋編で解説していきます。

 

■記事の内容■

1.本日のメニューの紹介

2.トレーニングを終えて

3.次回以降の改善点

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!!!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は腕立て伏せ一緒にやりましょう!というテーマについて解説していきます。

最近、一緒にやりましょうシリーズの更新をしていなかったのでトレーニングがマンネリ化してしまった、、、

という方のために今日はちょっと違った視点からトレーニング方法を紹介していきます。

 

今日の記事は約5分で完読することができます。

この記事を読み終わるころにはあなたのトレーニングの引き出しが増えていることでしょう。

また大胸筋だけでなく様々なトレーニングでも応用が可能なのでぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

1.本日のメニューの紹介

今回行ったトレーニング内容はジムトレーニング風のセットの組み方で行ってみました。

家トレで行う時は”回数より時間で区切る方が効率的”という話は何度も伝えてきました。

しかしジムでやっていた時のトレーニングの感覚が懐かしく思えたため今回は完全に回数で区切って行ってみました。

 

★トレーニングメニュー★

メニュー 負荷 回数 セット数 インターバル
デクラインプッシュアップ 15kg 20回 3セット 2分30秒
アンダーハンドプッシュアップ 15kg 20回 3セット 2分30秒
ワイドプッシュアップ 15kg 20回 3セット 2分30秒
オープン&クローズプッシュアップ 0kg 20回 3セット 1分
クイックマッスル 0kg 30秒 3セット 30秒

回数は20回で統一しましたが負荷によってインターバル時間を細かく調整して行いました。

またジムトレーニング同様、しっかりとインターバル時間を確保して行ってみました。

デクラインプッシュアップの時はプッシュアップバーを使用しました。

 

 

 

2.トレーニングを終えて

今回実際にやってみてメリット、デメリット両方を感じましたので、伝えていきます。

 

メリット

やっている時に感じたことは、時間に追われていないので1発ずつしっかりとやり切れることに気が付きました。

時間に追われていると

マー君
マー君

とにかく制限時間内に回数をたくさんやらなきゃ!

と思い、回数にフォーカスしてやってしまいます。

しかし回数で区切ると

マー君
マー君

どの道やり切るんだから自分のタイミングで20回しっかりやり切ろう!

という意識で行うことができました。

またインターバルを最大で2分30秒取ることによって次のセットへの入りが肉体的にも精神的にもかなり楽でした。

時間の流れの中でやるだけでなく今回のようなメリハリをつけて行うトレーニングも引き出しの一つとして確保しておくのはかなり良いと感じました。

 

 

デメリット

正直、時間で区切るトレーニングよりはあっさりできてしまった感はありました。

  • インターバルが長いからか
  • 回数が足りなかったのか
  • 負荷が足りなかったのか

そこら辺の感覚は難しいところですが、一番の要因はインターバルではないかと感じております。

1発ずつ集中してやりたいという時にはかなり有効ですが、やはり家トレでは”秒数で区切りインターバルも短めで行った方が筋肉への刺激は強い”と感じました。

 

また深く沈み込むことを意識しすぎてか、肘への負担が若干かかっていました。

痛いまではいかなくともこのトレーニングをやり続けたらヤバいかも!?という感覚はありました。

なのでその辺も注意が必要です。

 

 

3.次回以降の改善点

今回のトレーニングを踏まえて次回以降改善していくとしたらしっかりやれる秒数でチャレンジしてみるのもありだと思いました。

 

まず今回のトレーニングの目的はジムトレーニングのような刺激を求めたトレーニング内容にすることでした。

つまりインターバル2分30秒というのは外すことができません。

ならば回数を変更するか負荷を変更するか、というところになってきます。

負荷に関しては家にあるダンベルプレートを全てリュックで背負って行ったため現状MAXの重量になります。

となるとあとは回数の方を調整していくしかありません。

セットの途中で1セットだけ20回を何秒でできるのか試しで測ってみたところ約30秒でできていることに気付きました。

なので次は30秒あれば20回は絶対できるという前提で

  • 実施時間40秒
  • インターバル2分30秒

としてやってみるのもいいのではないかと感じました。

また機会があったらやってみて結果報告したいと思います。

 

 

まとめ

■記事の内容■

1.本日のメニューの紹介
ジムトレーニング風セットの組み方

2.トレーニングを終えて
メリット:1発ずつしっかりとやり切れる
デメリット:あっさり系、肘に負担

3.次回以降の改善点
しっかりやれる秒数でチャレンジ

本日は腕立て伏せ一緒にやりましょう!というテーマについて解説してきました。

僕は久々にジムにいるような気分でやることができました。

皆さんも今回のトレーニングぜひ試してみてください。

 

 

一緒に読みたいオススメ記事

毎日の筋トレメニューを考えるのに迷っている方へ!即決できる方法を全て伝授

家トレで効果が出ないと感じた時に見直したい3つのこと

リバウンドしない痩せ方とは?方法ではなく〇〇に意識を向けろ!

コメント