筋トレが習慣化されるまでの期間について(日常そのものになるまで)

モチベーション

トレーニングを頑張っているんだけど、まだ日常化できるまで行けてない気がするなぁ。

そうなんだよね。

けど同じ時期に始めた友達はもう習慣化もできているみたいだし、すごいなって思う時があるわ。

日常化、習慣化するまでの期間や基準ってどうなんだろう。

今日はこれらの疑問について解説していきます。

 

■記事の内容■

1.日常化されるまでの期間について

2.筋トレが日常化する瞬間

3.日常化した後の心境

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

また筋トレ意外にもファッションも大好きで両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は“筋トレが習慣化されるまでの期間について(日常そのものになるまで)”解説していきます。

以前こんな記事をupしました。

筋トレが続かない人へ!筋トレを当たり前にできる行動と考え方について徹底解説

こちらの記事ではトレーニングを日常化させるまでのモチベーションや、考え方について解説してきました。

今日は更にここから一歩踏み込んで、”筋トレが日常そのものになるまでにどれだけかかるのか”について徹底解説していきます。

 

今日の記事は約5分で読み終わります。5分後にはあなたはトレーニングが日常化されるまでが明確にわかり、より一層モチベーションを上げて筋トレに励めることでしょう。

なので今日も最後までよろしくお願いします。

 

 

1.筋トレが日常化されるまでの期間について

ズバリ、期間についての明確な基準というのは存在しません

なぜならば日常化されるまでの期間については、あなたがトレーニングに取り組む本気度によるからです!

 

つまり1年以上続いていてもダラダラとやっていれば日常化するものもしなくなるし、

逆にまだ3カ月しか続いていないから日常化できていないか、といったらそうでもないということです。

 

ググる人
ググる人

✔ ならば日常化するときの線引きはどこになるんだろう?

 

★マー君からのアドバイス★

明確な期間というのは存在しませんが、日常化する瞬間というのは存在します。

その詳しい理由については次の章でより詳しく解説していきます。

“○ヶ月やれば日常化する”といった回答を期待していた方にはガッカリさせてしまった結果かもしれませんがこれが現実です。

ならば期間ではなく何にフォーカスするべきか、それは次で詳しく説明していくので下へスクロールしていきましょう。

 

 

2.筋トレが日常化する瞬間

その答えとは、身体つきが目に見えて変わった時です!

ぼくがトレーニングを日常化できるようになったのも確実に身体つきが変わってからでした。

というより日常化せざるを得なくなったという方が正しいかもしれません。

それではなぜ日常化せざるを得なくなってしまうのか、それは次の二つの要因が絡んできます。

その二つの要因につて詳しく解説していきます。

 

★二つの要因とは★

もっといい身体になりたい

もう元の身体には戻りたくない

大きくこの二つが心の中に宿りはじめます。

マー君
マー君

もっといい身体になるには筋トレを続けるしかない!

そして今筋トレを辞めてしまったら元のショボい身体に元通りになってしまう、、、つまり続けるしかない。

こう思ったら日常化せざるを得なくなりますよね。

 

1.筋トレが日常化されるまでの期間について

明確な期間の基準がないといったのは身体つきが変わった瞬間こそが日常化するときであるからです。

つまり身体を変えられる期間というのはあなたの本気度によります!

より早く日常化したかったら本気で取り組んでみましょう。

 

 

3.日常化した後の心境

日常化したからといって安心か、といったらそうではありません

むしろ日常化してからの方が不安との戦いになります。

その理由は身体の衰退が恐怖と化すからです。

 

★日常化した後の筋トレの考え方★

マー君
マー君

今日筋トレしなかったらあのダサい身体に戻ってしまうのではないか、、、

マー君
マー君

サボってしまったらまた見にくい身体に戻ってしまい、そして今の状態に持ってくるまでに同じ期間がかかってしまうのではないか、、、

マー君
マー君

筋トレに対する熱量が一回冷めてしまったら、もう一生筋トレに熱を注げないのではないか、、、

マー君
マー君

自分がサボっている間にも周りはどんどんいい身体になっていって差をつけられてしまうのではないか、、、

ネガティブな考えばかりですがこのようになりがちです。

 

人間は未来に希望が無くなり、右肩下がりになったときに絶望するといわれています。

これは筋トレだけでなく、人間関係恋愛お金生活すべてにおいて言えることです。

このようなバイアスがかかってしまうのは仕方ないことですが、日常化することすべてがいいとは言えませんのでこのこともしっかりと頭に入れておきましょう。

 

 

まとめ

■記事の内容■

1.筋トレが日常化されるまでの期間について
⇒トレーニングに取り組む本気度による

2.筋トレが日常化する瞬間
身体つきが目に見えて変わった時

3.日常化した後の心境
衰退が恐怖と化する

本日は” 筋トレが習慣化されるまでの期間について(日常そのものになるまで)”解説してきました。

最後はなんだか暗い感じになってしまいましたが、それでも筋トレを8年続けてきたぼくだから言えることがあります。

それは「それでもやっぱり筋トレは良い!!」ということです。

半ば強引ですかね(笑)

しかしこれは本音です。

じゃないと8年間も筋トレを続けていませんし、周りの友人や同僚にもトレーニングを進めたりしません

  • メリットだらけの筋トレ!
  • 普段モチベーションモンスターな僕!

それでも、これだけ弱い心が見え隠れするときもあるというのを知っていただけるといいのかなと思います。

なので筋トレのモチベーションが上がらない今日トレーニングをやるのが嫌になるもう寝たい、と思うことは実は普通のことなのです。

そんな時はこの記事に戻ってきて今一度読み返してみて下さい。

そう思っているのはあなただけではないということを再認識してください。

そうすれば救われるはずです。

筋トレと良い距離感を保って継続していきましょう。

 

 

一緒に読みたいオススメ記事

冬になると筋トレのモチベーションが下がる方必見!その原因と筋トレを冬にやるメリットを紹介

家トレで効果が出ないと感じた時に見直したい3つのこと

コメント