得意な部位を伸ばすかと苦手な部位を克服するか。優先事項はどっち?

基礎知識

 

トレーニングを続けてしばらく経つと自分でも得意な部位と苦手な部位が出てきたよ!

満遍なく鍛えていてもやっぱり得意不得意で発達の速度は変わるんだね。

うん、そうみたいだね!

こういう場合は得意な部位を伸ばしていくのか、苦手な部位を克服するのかどっちがいいんだろう?

どうなんだろう、、、得意な部位を鍛えていきたい気持ちもあるけど、弱点克服した方がいいような、、

今日はこのような疑問について回答していきます。

 

■記事の内容■

1.得意を伸ばすか、弱点克服か

2.得意、苦手ができてしまう原因3つ

3.ボディメイクで一番重要なこと

 

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

 

 

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は“得意な部位を伸ばすかと苦手な部位を克服するか。優先事項はどっち?”というテーマについて解説していきます。

 

 

得意を伸ばして更に発達させるべきか?

弱点を克服するべきか?

これめちゃくちゃ悩みませんか?

もちろんバランスよく鍛えていくのが一番いいのですが、バランスよく鍛えても得意な部位と苦手の部位というのは避けて通れません

ぼくもトレーニングを始めてしばらく経った頃、この悩みに直面しました。

自分はどっちにコミットすべきなのか、手探りでやりながら時には自分の感性に頼りながら鍛えてきました。

すると僕なりにどっちを突き詰めた方がいいかというのがわかってきました。

今日は僕の経験や実体験からこれらの回答について迫っていきたいと思います。

 

今日の記事は約5分で読み終わります。

5分後にはあなたは何も迷うことなくトレーニングに取り組めるようになります。

なのでぜひ最後までよろしくお願いします。

 

 

得意を伸ばすか、弱点克服か

これに関しては絶対的に弱点克服です!

 

 

なぜ弱点克服なのか、それは弱点が極端に目立ってしまうからです。

 

例えば大胸筋が得意で胸トレばかりやっている人がいるとします。

その姿を本人が見る

「大胸筋発達してきたなー」となりますが

他の人から見る

「あの人胸は発達してるけど他がヒョロすぎ

となってしまいます。

 

ググる人
ググる人

✔︎筋トレなんか自己満だからそれでいいんじゃないの?

 

★マー君からのアドバイス★

もし、あなたの理想像が「胸だけ発達してあとはヒョロい身体付き」最終目標ならそれでも構いません。

しかしいい身体、ナイスフィジークを目指しているのに胸だけしか鍛えないというのはナンセンス

少し極端な例ですが弱点を克服することで理想にグッと近づくことは間違いありません。

 

得意な部位は放っておいても発達してきます。

なのでまずは弱点克服に全勢力を傾けましょう

 

苦手部位ができてしまう原因3つ

 

①骨格や体格

②モチベーション

③キツさ

 

これらの要因が絡んできます。

ひとつずつ解説していきます。

 

骨格や体格

 

同じように鍛えたとしても骨格や体格によって得意、苦手というのはどうしても出てきてしまいます

また骨格のせいで効かせ方がわからないということも大いに考えられます。

その例を紹介していきます。

腕が長い人

  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 大胸筋

これらが苦手だったりします。

なぜならば腕が長いことによって上腕二頭筋と上腕三頭筋の鍛えなければいけない体積が多くなるため発達させるのに時間がかかります。

また大胸筋に関しては胸までのレンジが長くなってしまうため、高重量を扱うのにも時間がかかってしまいます。

ぼくの場合は、上腕二頭筋への刺激の入れ方がイマイチわからないという期間がありました。

このようにして初めのスペックから得意と苦手が決まってしまったりしてしまいます。

 

モチベーション

 

モチベーションも大きな要因として考えられます。

ぼくの場合、胸の日と足の日なら間違いなく胸の日の方がテンション上がります!

すると胸の方が脚よりは得意になってきます。

モチベーションが違いますから当然と言えば当然ですね。

(ぼくの場合、胸トレは好きだけど弱点部位です)

苦手部位でテンションを上げていくのは難しいですが、

絶対に弱点を克服してやる!

という強い意志で取り組んでみましょう。

 

キツさ

 

腕の日と脚の日、億劫になるのは間違いなく脚の日です。

トレーニングを終えた後の疲労度が違います。

と思うと、「今から辛い脚トレをやるのか」と想像してやっていては得意部位にはなりにくいのがわかると思います。

しかしキツいトレーニングを終えた後ほど気持ちいい日はありません。

やる前は楽な種目を選びがちですが、やった後の爽快感はキツい種目をやった後の方が数倍清々しいです!

これを楽しみにキツい種目にも果敢にトライしていきましょう。

 

苦手を作ってしまう原因はバランスよくやっているつもりでもこのような要素によって作られてしまうことを知っておきましょう。

 

ボディメイクで一番重要なこと

 

それはあなたの目標がブレないことです!

目標がブレてしまうと周りの意見やネットの情報に振り回されて結局、自分がどうなりたいのかを見失ってしまいます。
なので、まずは明確な目標を持ちましょう。

 

ググる人
ググる人

✔︎途中で方向性を変えたくなったり、目指す場所が変わってしまったら?

 

★マー君からのアドバイス★

もちろん今までの目標を切り捨てて新しい目標に向かって頑張って貰えば大丈夫です。

しかし、ステップアップしての新しい目標なのか、ただただ楽をしたくて方向転換したのかでは雲泥の差があります。

目標を定めるところまで追及するつもりはありませんが、この目標設定がボディメイクにおいて一番重要なことということを覚えておきましょう!

 

目標がブレない人は強いです。

一貫して目指す方向が決まっているため周りの変な意見に左右されません。

また目標にあったアドバイスや意見は素直に聞きいれることもできます。

最近ブレブレだなっと心当たりのある方は今一度見直してみてください。

 

まとめ

■記事の内容■

1.得意を伸ばすか、弱点克服か
⇒絶対的に弱点克服

2.得意、苦手ができてしまう原因3つ
骨格や体格
モチベーション
キツさ

3.ボディメイクで一番重要なこと
⇒あなたの目標がブレないこと

 

本日は“得意な部位を伸ばすかと苦手な部位を克服するか。優先事項はどっち?”というテーマについて解説してきました。

得意な部位と弱点部位が出てきたらまずは弱点克服に励みましょう。

弱点部位というのは誰しもが持っているものです。

あのボディビルダー界のレジェンド、アーノルド・シュワルツェネッガーでさえもカーフが苦手だったということを言っておりました。

その時、彼が放った言葉は

「俺はカーフ(ふくらはぎ)が弱点だからいつも自分への見せしめのためにトレーニング中はハーフパンツを履いているのさ」

と言ったとか言わないとか。

つまり自分の中で弱点を認め、その弱点と向き合って突き詰めていくという姿勢が見て取れます。

ぜひ見習っていきたい姿ですね!

弱点から逃げずに真っ向からぶつかっていきましょう!

 

 

一緒に読みたいオススメ記事

プロテインと、鶏胸肉の生活で体臭って変わる?!

バルクアップ後チンニングが上がらなくなってしまう原因とは!?

プロテインを飲まないなら、トレーニングしても意味はないのか

コメント