マッチョの人が似合うアイテム、似合わないアイテム

ファッション

 

ググる人
ググる人

トレーニングをし始めて今まで似合っていた服が急に不恰好に見えてきた。

マッチョでおしゃれな人たちは何を選んでいるんだろう。

避けるべきアイテムとかもあるのかな?

今日はこんな疑問について回答していきます。

 

〜記事の内容〜

1.マッチョに似合うアイテム4選

2.マッチョに似合わないアイテム3選

3.服選びで一番大切なこと

 

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

 

 

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!!!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は“マッチョの人が似合うアイテム、似合わないアイテム”というテーマについて解説していきます。

 

 

筋肉がついてくると今まで似合っていたアイテムが似合わなくなってしまうことありますよね。

特に着膨れして見えたり、シルエットが明らかに不恰好になっているのを見るとお気に入りだった服が一気に戦力外になってしまいます。

これはかなりショックですね。

ぼくもそんな時期がありました。

クローゼットの中にある服、何を着ても肩が突っ張ったりシルエットが崩れたりしたことを覚えています。

 

そんなマッチョ特有の悩みが出てきた方、今回の記事は必見の内容です。

なぜならぼくが事前にその全てを肌で感じ、そして自ら解決策を打開してきたからです。

今日はそのすべてを伝えていきます。

 

★この記事を読むとこうなる!★

今日の記事は約5分で読み終わります。
5分後にはマッチョになったあなたも服に迷うことなくオシャレを楽しめます。
なので今日も最後までよろしくお願いします。

 

マッチョに似合うアイテム4選

初めにマッチョの人たちが積極的に選んでいくべきアイテムを紹介していきます。

  • 無地のTシャツ
  • ポロシャツ
  • シャツ
  • ジャケット

これら4アイテムになります。

 

 

無地のTシャツポロシャツについては文句なしですね!

半袖で腕が見える服はマッチョの戦闘服と呼んでも過言ではありません。

ピチピチ過ぎる物さえ選ばなければ大抵は外す心配はないでしょう。

 

しかし意外と思われたのがシャツジャケットではないでしょうか?

 

 

なぜシャツとジャケットもマッチョに似合う服なのか、それは上半身がしっかり鍛わっていると服に立体感が出てセクシーに見えるからです。

 

ググる人
ググる人

✔今まで着ていたシャツやジャケットを着てみらたら肩肘が張ってカッコいい姿とは程遠かったよ。

 

★マー君からのアドバイス★

シャツやジャケットを選ぶときにひとつだけ注意点があります。それはイタリア製のものを選ばなければいけません。

 

 

なぜイタリア製に拘るのか、それはイタリア人は鍛えている人が多く、身体つきがいいのが特徴です。

つまりシャツやジャケットも良い身体に合うように作られており、身体を鍛えればより似合うように、よりセクシーに見えるからです。

 

チープなものを選んでいては似合うアイテムも似合いません。

シャツ、ジャケットを購入するときは“made in italy”に拘りましょう。

またジャケットを購入する際に注意すべきポイントはこちらの記事にまとめてありますので参考にしてください。

干場義雅さんから学ぶ、良質なジャケットの選び方(前編)

干場義雅さんから学ぶ、良質なジャケットの選び方(後編)

 

マッチョに似合わないアイテム3選

次にマッチョに似合わないアイテムを紹介していきます。

  • ロンT
  • ハイゲージニット
  • カーディガン

これら3アイテムになります。

 

 

なぜこれらが似合わない烙印を押されてしまったのか、それは肩の盛り上がりが逆効果となってしまい、その結果、着ぶくれを起こしてしまうからです。

これらアイテムはサイズ感や生地感に気を付けていても、どうしても着ぶくれや不格好になってしまい、筋肉が主張され過ぎたスタイルになってしまいます。

 

ググる人
ググる人

✔それでも着たい場合はどうしたらいいの?

✔もうあきらめるしかない?

✔せっかく付けた筋肉は見せた方がいいじゃん!

 

★マー君からのアドバイス★

ロンTに関してはピチピチ過ぎて筋肉が主張され過ぎてしまわないようなスタイルを意識すれば大丈夫です。

ハイゲージのニットに関しては、ジャケットやコートのインナーとして着用していただければ着ぶくれは分からなくなります。

それでもどうしてもアウターとしてニットを着用したい場合はミドルゲージからローゲージのものを選びサイズに余裕を持ったものを選びましょう。

↓ミドルゲージのニット

 

カーディガンに関しては恐らくどのアイテムを選んでも着ぶくれ感MAXとなってしまうのであまりオススメできません。

逆に

ここのカーディガンだったらマッチョにも似合うよ!

というブランドを知っている方がいれば教えてほしいです。

 

また筋肉が変に主張されてしまうスタイルというのは大人かっこいいスタイルとかけ離れてしまうためオススメできません。

 

  • ロンT、ニット⇒シャツ
  • カーディガン⇒ジャケット

へシフトチェンジさせ、大人かっこいいスタイルを目指していきましょう。

 

服選びで一番大切なこと

ここまで

・マッチョに似合うアイテム
・マッチョに似合わないアイテム

 

を紹介してきましたが、実際にマッチョだからということに限らず、服選びで一番大切なこと、それは”自分のサイズを知り、自分に合ったサイズ感の服を着る”ということです。

 

 

めちゃくちゃ当たり前のことを名言のように言っておりますが、、、本当に服を選ぶときはこれしかありません。

サイズ感を分かっていればある程度のカバーはできますし、逆にサイズ感がめちゃくちゃだと似合うアイテムも似合わなくなってしまいます。

 

また今回どちらのアイテムとして出さなかった

  • タンクトップ
  • パーカー
  • MA1
  • トレーナー
  • 革ジャン

等まだまだアイテムとしてはありますが、これらも自分のサイズに合っているかが非常に重要です。

そして肩肘が張るスタイルというのは着ていても苦しいですし見ている方も見苦しくなります。

 

ファッションを楽しむときは筋肉との比率は

(筋肉)2:8(ファッション)

ぐらいの比率で筋肉がなるべく目立たないようにしかしセクシーに見えるようにこれらを意識して選んでいきましょう。

 

まとめ

〜記事の内容〜

1.マッチョに似合うアイテム4選
無地のTシャツ
・ポロシャツ
・シャツ
・ジャケット

2.マッチョに似合わないアイテム3選
・ロンT
・ニット
・カーディガン

3.服選びで一番大切なこと
自分のサイズを知り、自分に合ったサイズを着る

 

本日は“マッチョの人が似合うアイテム、似合わないアイテム”というテーマについて解説してきました。

 

マッチョにはマッチョなりの服のチョイスの仕方が存在します。

それは今まで筋トレをしていなかった人には少し違和感があることかもしれません。

しかし自分の規格、サイズが変わればそれに合わせてスタイルを変化させていくのも当然です。

変化を恐れずに、むしろ変化を楽しんでマッチョになってもファッションを楽しんでいきましょう。

 

また今回はトップスがメインの記事となりましたがパンツも極めて重要です。

それらについて触れている記事をリンクで貼っておきますのでよかったら覗いてみてください。

スラックスにこそこだわる理由を徹底解説~コーディネートも紹介~

かっこよく決まるスウェットパンツの選び方からおすすめのセレクトショップまで

コメント