弱点部位を克服する具体的ステップと、やってはいけないトレーニングについて

基礎知識

 

ググる人
ググる人

弱点部位を克服する方法を知りたい!

どうしても弱点部位に刺激が入らない!

いつまで経っても弱点のままだ!

今日はこれらについての解決策を提案していきます。

 

~記事の内容~

1.弱点部位克服の具体的ステップ

2.これはNGなトレーニング方法

3.弱点部位がわからない人へ

 

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

 

 

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は“弱点部位を克服する具体的ステップとやってはいけないトレーニングについて”というテーマについて解説していきます。

 

 

弱点部位の克服って難しいですよね。

  • 効いている感じがしない!
  • うまく作用しているのかわからない!
  • そもそも弱点部位がわからない!

色々な悩みがあると思います。

というのもぼく自身も弱点部位克服にはかなり苦労しました。

何をやってもうまくいかない時期がありましたが、トレーニングを8年間やってきてわかったことがあります。

それは弱点部位を克服するには段階を踏む必要があるということです。

今日はそのノウハウの全てをお伝えします。

 

★この記事を読むとこうなる!★

今日の記事は約5分で読み終わります。

5分後にはあなたは弱点部位克服に向けての知識が備わり、あとは行動に移すだけの状態になります!

非常に有益な情報がぎゅっと詰まっていますので本日も最後までよろしくお願いします。

 

弱点部位克服の具体的ステップ

弱点克服にはこれらのステップを段階的に踏んでいく必要があります。

それがこちら

 

1.重量を下げてピンポイントで効かせる
2.高レップで行い感覚を養う
3.トレーニング頻度を増やす

 

各分野に分けてひとつづつ解説していきます。

 

STEP1:重量を下げてピンポイントで効かせる

 

苦手部位を克服するための最初のステップは、重量をガクっと下げて弱点部位をピンポイントで効かせることです。

 

なぜその部位が弱点部位になってしまうかというとターゲット部位、つまり狙った部位にうまく刺激を入れれていないからです。

その解決方法はただひとつしっかりと刺激を入れてあげればいいのです。

そのためには他の筋肉が作用せずともターゲット部位のみの収縮、弛緩でコントロールできるぐらいの重量に設定しましょう。

 

例えば

  • 腕立て伏せを続けても大胸筋に効果が現れない方は膝をついて行ってみる。
  • アームカールの感覚が掴めない人は重量を落として二頭筋の収縮、弛緩のみに神経を集中させる。

 

見栄を張らず、まずは重量を落とすところから始めてみましょう!

 

STEP2:高レップで行い感覚を養う

 

次の弱点部位を克服するためのステップは高レップで行いターゲット部位の感覚を養いましょう!

 

大体は10回で限界が来る重量で、多くても15回まで、なんて言われていますがそんなのは全て無視してください!

25〜30回を目標に、とにかく筋肉に反応があるまでやってみましょう!

 

ググる人
ググる人

✔あまり高レップでやると筋肥大しないんじゃないかな?

 

★マー君からのアドバイス★

高レップで刺激が入るようになってきたら徐々に回数を減らして重量を上げていきましょう。初めのうちは高重量で行うよりも

  • ターゲット部位で重さを受けれている感覚
  • しっかりと筋肉に刺激が入っているか

まずはこれらが大切になってきます。

 

“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”

何回も繰り返し行い、入る感覚を徐々に養ってください。

 

STEP3:トレーニング頻度を増やす

 

弱点部位を克服する最後のステップは弱点部位のトレーニング頻度を増やしましょう

 

大体週に1回1部位のペースで回している方が多いと思いますが、弱点部位に関しては週に2、3回実施しましょう。

また週に2、3回と言っても一日はガッツリ追い込む日、もう一日二日はサブでサクッと刺激を入れてあげる日、のようにメリハリをつけても大丈夫です。

 

刺激を入れる機会を増やすことで筋肉が徐々に感覚を掴み、反応が良くなってくるのが分かるでしょう。

 

この章のまとめ

最後にこの章を振り返ります。

弱点部位克服のための3ステップは

  1. 重量を下げてピンポイントで効かせる
  2. 高レップで行い感覚を養う
  3. 頻度を上げて刺激を入れる回数を増やす

以上の手順でした。

弱点部位を克服するにはとにかくネチッこく根気強く地味なトレーニングこそが実を結びます。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

これはNGなトレーニング方法

 

上記の3ステップで弱点克服の手順を解説してきましたが、これと真逆のことをやってしまうのはよくありません。

つまり、強い刺激を入れて一気に効かせようとする高重量、高負荷トレーニングは行わないようにしましょう。

 

★弱点部位を高重量で行うデメリット★

・弱点部位にうまく効かせられていない可能性があるので反動を使って無理に回数をこなそうとしてしまう
ケガのリスク変なフォームが身についてしまうという悪循環
・高重量を扱うことで”やった感”に満足してしまいそれが癖になる

 

これら良くない理由が多く存在するからです。

 

逆に得意の部位ならば高重量で行っても問題ありません。

むしろどんどん自分の限界にチャレンジするべきです。

 

しかし弱点部位となると話は別、高重量で行う前にしっかりとフォームや効かせ方の感覚を身に付けましょう。

また弱点部位から徐々に得意の部位へと変化していく瞬間や、しっかりと効かせられる時というのがいずれかはやってきます。

そうなったらガンガン高重量で攻めていきましょう。

 

弱点部位がわからない人へ

 

ここまで弱点部位克服のための具体的方法避けるべきトレーニング方法を解説してきました。

しかし、そもそも弱点部位がどこなのかわからない!という方も存在すると思います。

そんなあなたへぼくから言えること”全身全てが弱点部位”です。

 

なぜこう思ってしまうのか、それはトレーニングを続けていれば自然と弱点部位は分かってくるからです。

逆に言えば得意な部位を発見していくと弱点部位も見えてきます。

 

なのでそれすらわからないということはまだまだトレーニング歴が浅いか真剣に取り組めていない証拠です。

まずはがむしゃらに全身を満遍なく鍛えていき、自分のスペック、得意部位を見つけていきましょう。

 

まとめ

~記事の内容~

1.弱点部位克服の具体的ステップ
STEP1:重量を下げてピンポイントで効かせる
STEP2:高レップで行い感覚を養う
STEP3:トレーニング頻度を増やす

2.これはNGなトレーニング方法
⇒強い刺激を入れて一気に効かせようとする高重量、高負荷トレーニング

3.弱点部位がわからない人へ
全身が弱点部位

 

本日は“弱点部位を克服する具体的ステップとやってはいけないトレーニングについて”というテーマについて解説してきました。

ホームトレーニングの場合は限られた種目重量環境の中でのトレーニングになります。

なので弱点を克服するのも一苦労する場合があります。

しかしいかに根気強く取り組めるかが大切です。

苦手だから、と避けるのではなく苦手だからこそ得意部位にしてやる!といった強い気持ちで取り組んでみてください。

コメント