〜短期間シリーズ〜たった3ヶ月で誰でも腹筋をバキバキに割る方法(かなりキツい)

短期間

短期間で腹筋を割る方法を教えてほしい!

マー君
マー君

かなりキツいけど再現性のある方法を紹介するよ。

 

〜記事の内容〜

1.腹筋を割るためのプログラム

2.このプログラムのメリット

3.このプログラムのデメリット

 

こんにちは、マー君です。

この記事を書いている僕は筋トレ歴8年

最初の3年間はホームトレーニング、その後ジムにて4年間トレーニングを行い、現在はまたホームトレーニングに戻ってきました。

この間に海では女性から声を掛けられボディビルの大会で優勝した人ですよね?とも声を掛けられました。

 

 

また筋トレとほぼ同時進行でファッションの両方を極めた結果、唯一無二のかけ合わせブログ(TRAINING×FASHION)を発信していくことを決め2020年8月からスタートし、現在も継続中です。

筋トレ×ファッションブログ立ち上げました!

↑僕のプロフィールになります。まだ読まれていない方は読んでみてください。

本日は“〜短期間シリーズ〜たった3ヶ月で誰でも腹筋をバキバキに割る方法(かなりキツい)”というテーマについて解説していきます。

 

 

今まで腹筋を割ったことないから腹筋が割れた姿を見てみたい!

マー君
マー君

なるほどね!

ならとりあえず腹筋を割るためだけに特化した内容を紹介していくよ!

そのメニューをやれば絶対割れる?

マー君
マー君

やり切れることができればかなり再現性は高いよ!

早速教えてほしい!

 

★この記事を読むとこうなる!★

この記事は約5分で読み終わります。

5分後には3ヶ月後に腹筋をバキバキにするためのシナリオが出揃います。

誰でも再現可能なのでぜひトライしてみてください。

 

短期間で腹筋を割るためのプログラム

 

短期間で圧倒的成果を出すためのプログラム、いわばやることリストは次の通りです。

 

高タンパク低脂質の食事を徹底する
有酸素運動を取り入れる
腹筋を鍛える
HIITトレーニングを取り入れる

 

ひとつずつ解説します。

 

高タンパク低脂質の食事を徹底する

まずは食事制限を徹底します!

特に高タンパク低脂質の食事を心がけましょう!

 

 

なぜならば腹筋を割るためにはお腹についた贅肉を削ぎ落とす必要があります。

贅肉、つまり脂肪を削ぎ落とすには脂質は絶対に摂取してはいけません。

ここは徹底しましょう。

次に食事制限の具体的方法を紹介していきます。

 

★具体的方法★

・油という油を極限までカットする

・加熱が必要な食材は茹でるか蒸すオンリー

・必要な脂質はアボカドナッツから摂取
(ナッツは食べ過ぎ注意!)

塩分を控える
(塩分を過剰摂取すると身体が水分を溜め込むため浮腫んでしまう)

 

食事を徹底できるか否かで7割が決まります。

最も大切であり最も辛い部分ではありますがここをやり切りましょう!

 

有酸素運動を取り入れる

腹筋を確実に割るためには有酸素運動を取り入れる必要があります。

 

 

なぜならば有酸素運動は即座に脂肪を燃焼してくれるからです。

 

★マー君からのアドバイス★

有酸素運動は早く走る必要はありません。

それよりも時間で区切って走るようにしましょう。

一般的に20分から脂肪燃焼効果があると言われています。

なので最低20分を目安に有酸素運動も取り入れてみてください。

 

筋肉量がまだ少なく、短期間で腹筋を割るには有酸素運動は欠かせません

長期的に見れば有酸素運動をオススメしません。

しかし短期間で腹筋を割るという成果を出したいなら積極的に取り入れましょう。

 

腹筋を鍛える

 

腹筋を割りたいなら腹筋を鍛えるのはマストです。

皆さんになじみのあるシットアップ以外にも

 

・腹筋ローラー
・レッグレイズ
・体幹トレーニング

 

等、取り入れて腹筋の上部から下部、腹斜筋まで鍛える意識を持ちます。

そうすることで満遍なく鍛えられた腹筋に仕上がります。

ちなみに、腹筋をやると腰が痛くなってしまうという方はこちらの記事をご覧ください。

腹筋をやると腰が痛くなってしまう人のための腹筋トレーニング3選

腹斜筋を効率よく鍛えるための記事はこちら。

ダサい腹筋からカッコいい腹筋へ!劇的に変われるトレーニング方法

 

★マー君からのアドバイス★

ちなみに6パック8パックというのはあなたが生まれ持った腹筋の形になります。

なので6パックの人は頑張っても8パックにはならないので注意しましょう。

また腹筋が割れた時の左右のバランスが悪いという方も、バランス自体を直すことはできません。

そこは注意してください。

 

HIITトレーニングを取り入れる

 

 

有酸素運動と腹筋だけで充分なように感じますが、最後にHIITトレーニングも取り入れましょう。

HIITトレーニングとは20秒間動いて10秒間休憩するのを繰り返し行うトレーニングです。

YouTubeで検索すると様々なトレーニングを上げている人がいますので参考にしてみてください。

 

そもそもHIITトレーニングは必要なのか。

短期間で結果を出すには必要です。

なぜならば全身の筋肉をつける必要があるからです。

全身の筋肉を鍛えることによって何もしていない状態でも脂肪燃焼効果は高くなります。

つまり

 

・有酸素運動で瞬間的燃焼効率を上げる
・HIITトレーニングで日常生活での燃焼効率を最大化

 

することができるのです。

 

有酸素運動と腹筋だけでは全身の筋肉は鍛えられません。

HIITトレーニングで全身の筋肉をしっかりと鍛えて燃焼効果を最大化させていきましょう。

 

この章のまとめ

短期間で腹筋を割るためのプログラムは

 

高タンパク低脂質の食事を徹底する
有酸素運動を取り入れる
腹筋を鍛える
HIITトレーニングを取り入れる

 

以上の4つでした。

どうですか、続けられそうですかね?

しかし短期間で腹筋を割りたいならやるしかありません。

ぜひトライしてみてください。

 

このプログラムのメリット

 

このプログラムを行うことによってもたらされるメリットを紹介していきます。

 

・短期間で結果が出る
・再現性が高い
・引き締まった身体も手に入る

 

以上の3つです。

それぞれの理由をザックリ解説します。

 

短期間で結果が出る

たった3ヶ月で結果を出すにはかなりボリューミーなトレーニングが必要です。

しかしこれらをやれば短期間で結果を出すことができます。

なんなら1,2カ月で成果が出始める方もいるでしょう。

これだけハードだからこそ短期間で結果を出すことができるのです。

 

再現性が高い

このプログラムをやり切ることができればかなり再現性は高いです。

なぜならば一切の無駄をそぎ落とすプログラムとなっているからです。

誰でも今よりは確実に良くなれる、腹筋を割ることができるそんなプログラムになっています。

途中で辛いと感じる時もあると思いますが、それだけやり切ったときの再現性は高いトレーニング内容と言えるでしょう。

 

引き締まった身体も手に入る

ただただ腹筋が割れるだけではなく引き締まった身体も手に入れることができます。

なぜならばHIITトレーニングで筋肉量増加も期待できるからです。

ただ痩せこけたカリンポリンな身体ではなく、しっかりと引き締まった健康的な身体を手に入れたいならばぜひトライしてみてください。

 

このプログラムのデメリット

 

このプログラムの良いところだけ紹介して終わってもいいのですが、途中で挫折が予想される原因やこんなはずじゃなかった、を避けるためにデメリットも紹介しておきます。

 

・かなりキツい
・リバウンドの恐れあり
・マッチョにはなれない
・時間を犠牲にする

 

以上4つになります。

なぜこれらのデメリットが考えられるのか、その理由を簡単に解説します。

 

かなりキツい

これは言うまでもありません。

かなりキツいプログラムとなっています。

途中で挫折するとしたらこれが原因だと思われます。

しかし辛いからこそ割れた腹筋には価値があるのです。

最後までやり切るんだという強い意志をもって取り組んでいきましょう。

 

リバウンドの恐れあり

かなり節制した食事内容となりますのでその反動でプログラム終了後に爆食いを繰り返すとすぐにリバウンドしてしまいます。

プログラム終了後も引き締まった身体をキープしたいなら暴飲暴食は避け、健康的な食事と運動を心がけましょう。

 

マッチョにはなれない

このプログラムを通して、引き締まった身体になることはできるがマッチョになることはできません。

なぜならば筋肉をつけるプログラムとなっていないからです。

HIITトレーニングはあくまでも付け焼き刃的なトレーニングです。

部位別に鍛えている人と比べたら圧倒的に筋肉量は劣ります。

これらのことは加味しておいてください。

一旦腹筋を割っといて、それから長期的に筋肉量を上げていくといった方法も全然ありです!

ぜひあなたに合ったやり方でボディメイクをしていってください。

 

時間を犠牲にする

あなたが今までの日常を過ごしながらこのプログラムを行おうとしているのならば、それは諦めてください。

なぜならば一日の時間は24時間と限られているからです。

このプログラムを遂行させるにあたって、もしかしたら、今まで楽しみにしていたテレビ番組が見れなくなるかもしれません。

それぐらいの覚悟と犠牲を払うことを心に決めて取り組みましょう。

 

逆にいえばそれだけの犠牲を払えばキッチリと割れた腹筋は手に入ります。

 

・家に帰ってテレビを見るか
・テレビを消してトレーニングに励むか

 

全てはあなた次第です。

さぁ、周りと圧倒的な差をつけてやりましょう!

 

まとめ

〜記事の内容〜

1.短期間で腹筋を割るためのプログラム
高タンパク低脂質の食事を徹底する
有酸素運動を取り入れる
腹筋を鍛える
HIITトレーニングを取り入れる

2.このプログラムのメリット
短期間で結果が出る
再現性が高い
引き締まった身体も手に入る

3.このプログラムのデメリット
かなりキツい
リバウンドの恐れあり
マッチョにはなれない
時間を犠牲にする

 

本日は“〜短期間シリーズ〜たった3ヶ月で誰でも腹筋をバキバキに割る方法(かなりキツい)”というテーマについて解説してきました。

 

腹筋を割るために必要なのはセンスでもテクニックでもありません。

徹底管理された食事と正しいトレーニングを行えば誰でも手に入れることができるものです。

さぁ、腹筋を割るための全てのシナリオは出そろいました。

ここから行動するかしないかはあなた次第です。

 

たった3ヶ月でバキバキになってやりましょう!

コメント